猫への愛を徹底的に語る場所

猫好き必見!
弊社おすすめの物件、これまで10万件以上もの案件を取り扱ってきた弊社だからこそ豊中 新築一戸建て おすすめをご紹介致します。 詳しくは弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

毛という問題

ブラッシングという問題

猫の場合、季節ごとに毛が生え変わります。夏には夏毛を、冬には冬毛になってその季節を乗り切ります。春から夏、夏から空き、秋から冬と変遷していくように猫の毛も生え変わりますが、その時に夏毛だったものは冬毛に生え変わるために抜けます。この抜け毛に関しても猫を飼っている場合にはどうしても見逃すことの出来ない問題ですね。

猫にとっても毛は大事なものです、刈り上げてしまうというのはお勧めしませんし、せっかくの綺麗な毛並みを独断ではげにしてしまうのは、それこそ飼い主の偏見にまみれた行為だといえます。でもその位生え変わりに時期になると抜け毛は激しくなってきます。それこそどうやったらこれだけの毛が生え変わるのかということになります。頭が薄くなっている中高年のおじさん達からすればうらやましい限りのことかもしれませんが、猫にとっては由々しき問題です。

この時、猫の毛が全て綺麗に生え変われば良いのですがそううまく行かないんですよね。この時、毛が固まって毛玉となって生え変わるのを阻害してしまう問題が起きてしまうのです。この問題が特に長毛種の子が悩まされる問題です。短毛種ではないのかということでもないですが、どうしても長毛の子達は避けては通れない運命といえるでしょう。

そこで人間がブラッシングをして助けるということもしなくてはいけません。猫自身、自分の毛並みを手入れするのである程度の問題は解決できますが、大きな固まりとなっている毛玉に関しては猫自身ではどうしようもないので、毛を切るということをしなくてはいけません。毛を切るとき、ここでも十分に注意をしなくてはいけません。猫の種類によって変わってきますが、中には体毛と肌の色が同系統の色だったりするのでその時はさみを立てるときには注意が必要です。下手をしたらその時に猫自身の皮膚を傷つけてしまうこともあるので、切る際にはそうした肌の面も気に掛けてあげなくてはいけません。よく親と連携してひどい毛玉を持っているときには二人がかりで毛玉を切っていますが、時々やってはいけない皮膚の損傷を起こしてしまうので、難しいんです。毛玉を切ることを考えたら確かに自分達でやるのも一つの手ですが、事故になる危険性がある場合には動物専用の美容師さんに切ってもらったほうがまだ安全、といえるでしょう。

猫の為の快適ペットグッズ

毛玉を吐き出す

毛という問題では、猫が毛玉を吐き出すことも猫飼いからすればよくあることです。見たことのない人からすれば突然具合が悪くなってしまったと驚いてしまうことでしょうが、猫にとってはごく自然な現象ですので温かく見守ってください。猫はどうしても毛玉を発生させることになります、そして毛玉問題は猫自身の体内でも生成されているのでそれを吐き出さなければならないので、これを静止させることは猫にストレスを与えることになります。

ノミ問題

猫だけではないですが、やはりノミ問題は切り離すことは出来ないでしょう。どうしても猫や犬にしてもノミという問題に悩まされることになります。そのため定期的な薬の投与が必要となっているので、ノミが寄生する動物に関しては予防薬を投与しているでしょう。自分の猫や犬は大丈夫、ということはないです。諦めてください、100%ノミは存在しているので薬を打った方が安心できます。

そしてノミが寄生していると深刻な皮膚病に悩まされるということもありえるんです。ノミに対してアレルギーを発症してしまうと、今後ノミに対してひどい皮膚炎を発症してしまいます。このノミ問題が人間にも関係してくるので、人間もあながち関係ない問題ではないんです。人間だってノミに刺されてアレルギーが発生してしまったらひどいことになるので、気をつけなくてはいけないですね。

なんて書きましたが、私はこの問題については結構あやふやなところの意識だったりします。危機感がなさ過ぎると考えていいでしょう、ただ私の中では飲みという問題は猫を飼っている時点で絶対に発生する問題なので、そこまで神経質になって気にするようなことでもないと見ているからです。本当はこんな考え方ではいけないので、私のように考えるのはやめてください。猫が健康でいる分には、ノミという問題は切り離しておくことに越した事はないです。

可愛いぬこ大集合☆

年を取るに連れて

猫が自分の毛並みを手入れするのは習性ですが、これは年々その行動を行なわなくなっていくことをご存知ですか?若い猫ほどかなり頻繁に毛づくろいを行なっていますが、年を取っている、特に13歳以上ともなれば今まで手入れをしていた分の回数が嘘のように毛づくろいをしなくなります。全くしていないというわけではありません、老いによる体力低下といった問題も関わっているので、これは本当に仕方のないことなのです。

元気な猫でも必要なブラッシングは、年を取っている猫ほど必要になってくるのです。そのためブラッシングの回数も他の猫と比べたら気を配ってあげなくてはいけません。ここでも面倒くさいといった動機は理由にはなりません、毛づくろいは猫にとって重要な習性なので欠かさずしてあげることが本来は理想です。

ですがどうしても時間との兼ね合いが難しい場合には病院に行って依頼してもらうのも一つの手段です。中には毛づくろいをして暴れてしまう子もいるかもしれないので、その場合はこちらが怪我をしてしまうこともありえます。ただ、基本的にブラッシングをしてあげると猫は嬉しそうに体を寝かして、ブラッシングをしてほしい方へ体を寝かせてこちらを誘導する、なんて子もいます。ブラッシングをすることで毛玉の発生も防げますから、毛並みを維持してあげるというのも猫にとっても飼い主にとっても良い意味で相互作用をもたらします。

猫への愛を徹底的に語る場所